早生まれ、遅生まれどっちがいい?

早生まれっていうと、日本の4月始まりの制度でいう誕生日の遅いコのこと。
同じ学年でも4月生まれのコと3月生まれのコじゃ、1年近くも差があって3月生まれのコは1学年下のコの方が月齢が近かったりする。
赤ちゃんの頃は、月齢での差が大きく、発達や成長の差がはっきりしている。
これは小学生頃には差が感じられなくなるそうだ。

そんな早生まれのコは得なのか、損なのか。
まず発達面では遅れを取ってしまう。
しかし、早生まれだから出来なくても、誕生日が遅いからで済むこともありプレッシャーは少ない。
逆に、4月など学年の中で早く生まれたコは、出来て当たり前という感覚から出来ないということに焦りを感じる親もいるようだ。

どちらにもメリットとデメリットはあり、どこで区切ろうとも、12ヶ月あるから1年という単位になれば、差が出るのは仕方がないことだ。

大人になると、早生まれの人は誕生日が来るのが遅いからうれしいとよく聞く。
しかし子どもの頃は誕生日が待ち遠しかっただろうな。

子どもの保育園への入園時期も、早生まれの方が早く預けられる。
これは2人目、3人目の親にとってはとってもありがたいことだ。
手がかかる時期を保育園で見てもらえるから。早生まれもいいところあるね。