女性だって

日本では女性が結婚して子どもを産んだ後仕事をするということはとてもむずかしい社会環境です。
もちろん両立してがんばっている女性もたくさんいます。しかし、それは家庭や職場などの協力があってからこそ。
恵まれている方たちです。

女性は家庭で子供の世話や家事ばかりをすることもとても大事です。
もちろんこれが男性だったとしても同じです。

しかし、家庭にずーっといるということは社会との接触がなくとても寂しい気持ちになるというのも確かなのです。
セレブ女性のように、お友達とランチして、習い事をしてという生活もステキです。

でも一度働いたことがある人なら感じるであろう、働くということは社会貢献という意味がとても大きいということ。

自分は世の中の人たちのために仕事をしている、役に立っているイコール生きていることの実感だと思うのです。
だから人は生涯働くのではないでしょうか。

これは経験したことがある人にしか感じられないと思います。
私も自分が経験するまでは、働かずに家で家事と子どもの面倒を見るのってラクって思っていたけど大きな間違いでした。

ココロにぽっかりと穴が開いたような空虚な気持ちになるのです。そんな主婦の気持ちに寄り添ってくれる夫が増えてくれるとうれしいです。